« ホリエモンよ正論なんだけどトヨタの解は現実的なんだよ | トップページ | 不労所得者を富裕層にしたいんだな »

格差は容認したほうがよい

4月から変わるのは食品の価格だけではありません。他にも、国民年金の保険料が月額340円引き上げられて1万5590円に。また、65歳以上の介護保険料が月額578円上がって5550円となります。

さらに、子育て給付金は子ども1人あたり3000円となり、これは昨年度より7000円減額となっています。

一方で、家計の負担を減らすものもあります。子や孫に出産や育児などで掛かる資金を贈る場合、1000万円までが非課税となります。また、生まれ故郷などに寄付をすると受けられるふるさと納税では、減税の対象となる寄付金額の上限が約2倍に拡大します。

他にも、海外への飛行機に乗る場合に掛かっている燃油サーチャージが、JALとANAそれぞれで4月1日の購入分から引き下げられます。

さて、政府の意図は、どこにあるのでしょうか。私は「身の丈に合った生活をせよ」と受け取ります。

食品の値上げや、保険料の値上げなど、低所得層には確かに痛いですよね。我が家は貧困家庭なので非常に痛いです。

子や孫への贈与税の非課税額の上限が上げられるのは、富裕層にやさしい政策です。ここで「格差拡大はいけない」と言ってはいけませんよ。格差はある程度あったほうがよいと思います。

日本社会は「結果の平等」を追求し過ぎました。報道によれば、これでも先進国では格差は小さいほうです。

格差が広がって、ハッキリと、富裕層と貧困層に分かれればよいと思います。貧困層は「身の丈に合った生活」をすればよいのです。航空機などに乗ろうなどと思ってはいけません。

また棒給生活者がリタイアして、年金受給者となっても、年金だけで悠々自適な生活をしよう、などと思ってはいけません。体が元気なうちは働きなさい。余裕があるのであれば、地域のボランティアなどに参加しなさい。

私は零細自営です。リタイアするのは、体がボロボロになったときです。

ヒマな老人ほど怖い者はありませんよ。社会に迷惑です。

|

« ホリエモンよ正論なんだけどトヨタの解は現実的なんだよ | トップページ | 不労所得者を富裕層にしたいんだな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格差は容認したほうがよい:

« ホリエモンよ正論なんだけどトヨタの解は現実的なんだよ | トップページ | 不労所得者を富裕層にしたいんだな »