« そんなに休みたいって仕事がイヤなのか | トップページ | 屋内で空調が効いている競技以外はムリでしょう »

村田諒太はアマチュアで長谷川穂積はプロだったということだ

村田諒太=帝拳ボクシングジム=が暫定王者のアッサン・エンダムを追いつめるも、まさかの判定負けを喫しました。

解説を務めたWBC世界バンタム級王者・山中慎介は判定後「僕には正直、理解できないですね。この採点」と信じられない様子。試合の見解を求められても「んー、ちょっと判定が理解できないとしかコメントできないです」と後輩の敗戦を悔やんだとか。

そんなことはない。山中は腹の中で「当然の結果ではないか」と思ったはずだ。私も、テレビ観戦をしていた。村田には期待していたが、プロフェッショナル魂を微塵も感じられなかった。

比較したのは長谷川穂積氏だ。自分のボクシングスタイルが、ヒットアンドアウェーのはずなのに、王者になってからは、ファンの期待に沿うように、獣のようにKOを求めた。リスクがあるかもしれないのに飛び込んだりもした。相手が弱みを見せたら、ここぞとばかりにラッシュをかけた。

本番では一時も手を抜かない、それがプロというものだろう。

私は、格闘技ではないが、フリーランスでプロ(自認)の仕事をしています。ここぞ、というときは、攻め込みます。損得勘定抜きで仕事をします。それがプロフェッショナルというものでしょう。

長谷川穂積のラストラウンドは、後世語り継がれるだろうが、村田のボクシングは記憶には残らない。

|

« そんなに休みたいって仕事がイヤなのか | トップページ | 屋内で空調が効いている競技以外はムリでしょう »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村田諒太はアマチュアで長谷川穂積はプロだったということだ:

« そんなに休みたいって仕事がイヤなのか | トップページ | 屋内で空調が効いている競技以外はムリでしょう »