« まぁその歳になってみないとわからないけど | トップページ | だからそういう英語教育になるのですね »

鳥谷が大山よりも劣っているとはとうてい思えない

阪神の鳥谷敬内野手(36)が29日のソフトバンク戦(甲子園)に出場せず、歴代2位の連続試合出場記録が1939試合で途切れました。

鳥谷は新人だった2004年9月9日のヤクルト戦(甲子園)から、今季44試合目の27日の巨人戦(甲子園)まで出場を続けていました。プロ15年目の今季は開幕から調子が上がらず、打率1割台と低迷していました。

完璧な遊撃手だった鳥谷を、意味もなくコンバートさせた監督が悪い。スタメンで起用してこそ実力を発揮する鳥谷を、主に代打で使っていては結果が出ないのは当たり前でしょう。

現在スタメン三塁手の大山の打率は2割そこそこ。どう見たって鳥谷のほうが上であるし、北條のほうがよほどマシだよ。

ちなみに、私は阪神ファンではありませんが、3年半ほど近畿にいたことがあり、阪神戦はよく見に行きました。

ところで、阪神っていつ優勝したっけ。今の監督になってから優勝したっけ。優勝することが至上命令ではないにしても、面白い試合をしてるだろうか。セットアッパーとストッパーを外国人投手がしているなんて、あまり気持ちよいものではありませんよね。

それでもファンは見捨てない。それが近畿(関西)というものですよ。

|

« まぁその歳になってみないとわからないけど | トップページ | だからそういう英語教育になるのですね »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥谷が大山よりも劣っているとはとうてい思えない:

« まぁその歳になってみないとわからないけど | トップページ | だからそういう英語教育になるのですね »