« 行政のデジタル化って本当に必要かなぁ、地方公務員はキチンと働かせないと | トップページ | 東証障害で不具合を出したのは富士通の子会社だ本社は何もしていない »

菅政権は強い自民党の「55年体制政権」で官僚主導が復活するのでは

安倍政治の継承を訴えて誕生した菅政権。しかし、政治に鋭い嗅覚を持つ筆者は、菅義偉は独自の本格政権を目指すと見る。安倍晋三のようなイデオロギーを持たない点が強み、とも指摘する。

目玉政策はケータイ料金値下げと不妊治療支援。現下の日本を取り巻く巨大な変化との落差に驚かされるが、マッチョで宣伝過剰な長期政権に倦んでいた国民にはこれが受けた。方便として「安倍継承」カードを使いながら、新首相の菅は独自の王国を目指す。

私には、菅政権は派閥の論理で生まれた政権で「55年体制政権」と呼びたい。強い自民党(弱い野党)を背景に、言いたいことが言えるのも今のうちかな。

イデオロギーが無いから、大きなことはできない。解散がいつ来るかわからないから「小さな成功」「成功体験」を残したいまでで、その道具が携帯料金と不妊治療なわけだ。

二階は好きではないが、二階の言う通り、早く解散して、コロナが盛り返す前に選挙をしたほうがいいと思うけど。

また、イデオロギーが無くなったら、官僚主導になる。財務省が頭角を現したら、国民の生活のことは何も考えてないから困るなぁ。

|

« 行政のデジタル化って本当に必要かなぁ、地方公務員はキチンと働かせないと | トップページ | 東証障害で不具合を出したのは富士通の子会社だ本社は何もしていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政のデジタル化って本当に必要かなぁ、地方公務員はキチンと働かせないと | トップページ | 東証障害で不具合を出したのは富士通の子会社だ本社は何もしていない »