« 「Fランク大学」も「私立文系」もさほど変わらないと思うけどなぁ | トップページ | ノーベル賞のうち経済学賞だけは世の中に貢献しているとは思えない »

全国統一デジタル教材ができたときから日本の学力低下が始まる

政府がITやAI(人工知能)などを活用した学校授業に補助金を出す事業を巡り、都道府県の取り組みに大きな差があることが分かった。

大阪、愛知など13都府県の公立校で補助金採択が100校を超える一方、和歌山県はゼロ、長崎など33道府県で100校未満だった。

新型コロナウイルスの感染対策で教育のデジタル化が注目される中、政府は学力格差にもつながりかねないとして危機感を強めている。

政府が支援するのは、小中高校などの授業でのIT活用で、「EdTech(エドテック)」と呼ばれる。児童・生徒が試験問題で間違った原因をAIで解析し、習熟度に応じて最適な教材を提供する。

デジタル教材って、そんなに素晴らしいのですか。

私に言わせれば、高校生の受験対策ならば、デジタル教材や講義を受けるよりも、自分で、優秀な参考書や問題集をこなしたほうが、よほど効率的だと思います。

また、小学生がデジタル教材のAIから自分が間違ったところばかりやらされたら、学習意欲は必ず低下すると思います。

中高では、英語は英会話に変わったから、NHKラジオ講座を収録して、繰り返し聴くほうがいいでしょう。

デジタル教材にすると、学力格差が拡がらないか心配です。

|

« 「Fランク大学」も「私立文系」もさほど変わらないと思うけどなぁ | トップページ | ノーベル賞のうち経済学賞だけは世の中に貢献しているとは思えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Fランク大学」も「私立文系」もさほど変わらないと思うけどなぁ | トップページ | ノーベル賞のうち経済学賞だけは世の中に貢献しているとは思えない »