« キャンペーンなんて首都圏だけを対象にすればよかったのに地方は静かに暮らしたいの | トップページ | 給付金の不正や預金口座の不正や農畜産物の盗難などが「ニューノーマル」なのか »

入試様式を変えるなよできる受験生は教科書ではなく参考書の自習で自分を磨いているのだ

新型コロナウイルス禍の影響を受け、多くの大学が来年度入学の大学入試で個別試験(2次試験)の実施方法を変更する方針だ。

試験会場での感染を防ぐため、筆記や実技の試験をとりやめる大学が出たほか、長期の休校に伴う学習の遅れに配慮し、出題範囲の縮小や選択式問題を導入する動きも目立つ。

しかし、こうした大学側の配慮を踏まえても、受験生の不安は払拭しきれず、志望動向には大きな影響が生じている。

難関大受験生は、学校の授業なぞに頼らない。たいていは、今頃は、受験範囲を全て自習で済ませて、あとは志望校の傾向に沿った勉強をして、年が明けたら、心身の状態を良好にするのに努めるはずだ。

コロナによる休校か何か知らないけど、教科書は配られているし、自分で勉強すればよいわけだから、入試様式を操作すべきではない。

まぁ、できるヤツらは教科書など開いたことがなく、優良な参考書で自習して自分を磨いているさ。だから、試験範囲を削られるよりも、入試様式を変えられるほうがよほど不安だと思われる。

高校の中堅校は知らないが、進学校の生徒は、学校なぞアテにしてやしない。学校に頼る(信ずる)者ほどバカを見るのが公立進学校の傾向である。

ハッキリ言えば、学校なんて邪魔なのです。ただただ高校卒業の資格を得るだけなのです。

|

« キャンペーンなんて首都圏だけを対象にすればよかったのに地方は静かに暮らしたいの | トップページ | 給付金の不正や預金口座の不正や農畜産物の盗難などが「ニューノーマル」なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンペーンなんて首都圏だけを対象にすればよかったのに地方は静かに暮らしたいの | トップページ | 給付金の不正や預金口座の不正や農畜産物の盗難などが「ニューノーマル」なのか »