« 日銀が「デジタル通貨」だって?クレジットカードでデジタル決済は充分です | トップページ | ANAよ副業で確実に稼げるのは日雇いの肉体労働くらいだよ »

スーパーコンピューターでも進路の予報を大きく外したキチンと使いこなせていたのか

本州直撃の可能性も指摘されていた台風14号は10日、本州に上陸せず、進路を徐々に南寄りに変えた。

気象庁によると、進路が変わってきた原因は、太平洋の上空に現れた「空気の渦」にあるという。

8日ごろまでは台風の中心が通る可能性の高い区域を絞り込めていなかった気象庁だが、9日朝には台風の進路は「やや南寄りになって伊豆諸島付近を通過する見込みに変化してきた」と発表した。

同庁予報課の杉本悟史主任予報官によると、台風の東方向、太平洋の上空にある冷たい低気圧の影響で上空に反時計回りの空気の渦が生じているといい、この渦が、台風14号を巻き込むように南に引き寄せようとしているという。

いろいろ言い訳があるかもしれませんが、スーパーコンピューターを利用して予想をしているのに、これだけ外すとは理解に苦しみます。

予測ソフトのパラメータに、必要十分な情報を入力していたのでしょうか。「反時計周りの空気の渦」ってズバリ低気圧のことでしょう。どうして低気圧の出現と認めない。それに、これだけ発達する予想も無かったと思う。

気象庁は、気象予報もできるプログラマーか、プログラムもできる気象予報士のどちらがいるのでしょうか。

|

« 日銀が「デジタル通貨」だって?クレジットカードでデジタル決済は充分です | トップページ | ANAよ副業で確実に稼げるのは日雇いの肉体労働くらいだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日銀が「デジタル通貨」だって?クレジットカードでデジタル決済は充分です | トップページ | ANAよ副業で確実に稼げるのは日雇いの肉体労働くらいだよ »