« 今のままの運転免許証ではダメなのですかマイナンバーカードは財務に留めてください | トップページ | 道路の陥没だなんて都市部特有の事象だと国土交通省はハッキリ言ってくださいな »

仲介業者が儲かるキャンペーンなんて利用する気にもなりませんよ

新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店に対する政府の支援策「Go To イート」キャンペーンが始まって2週間が過ぎた。

だが、オンライン予約サイトの手数料など新たな負担が必要で、参加に二の足を踏む店も少なくない。制度運営に混乱もあり、登録店側も戸惑いを隠せない。

「手数料を考えると利益が出ない」とこぼすのは千葉県内の洋食店の男性経営者(37)。利用を検討したグルメサイトは、キャンペーンの予約客1人当たり200円の手数料を支払う仕組みで、「店の客単価は安く、割に合わない」という。手数料を引き下げた別のサイトは月決めの利用料が高くなり、踏み切れないでいる。

キャンペーンに興味は無いけど、グルメサイトなど仲介業者が儲かるのでは賛同できません。商品券などの制度になったとしても、全ての飲食店で利用できるわけではないので、バカらしくて買う気にもなれません。

また、私の携帯はガラケーなので、みなさんのようにスマートフォンから気軽に予約することもできませんし、単価が安く気軽に入れる店などに、わざわざ予約などしないでしょう。

何かデジタル化はしているけれども、使い勝手の悪いキャンペーンが続いているような気がします。

|

« 今のままの運転免許証ではダメなのですかマイナンバーカードは財務に留めてください | トップページ | 道路の陥没だなんて都市部特有の事象だと国土交通省はハッキリ言ってくださいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今のままの運転免許証ではダメなのですかマイナンバーカードは財務に留めてください | トップページ | 道路の陥没だなんて都市部特有の事象だと国土交通省はハッキリ言ってくださいな »