« 菅政権は強い自民党の「55年体制政権」で官僚主導が復活するのでは | トップページ | 菅政権になってからスマートフォンありきだ行政の手続はQRよりもハンコのほうがマシだ »

東証障害で不具合を出したのは富士通の子会社だ本社は何もしていない

東証で1日に発生したシステム障害で、故障が発生した株式売買システム「アローヘッド」を納入した富士通は、東証と連携して詳しい原因の究明を急いでいる。

アローヘッドは、富士通が開発し、2010年1月に稼働した。世界トップクラスの処理速度を持つとされ、注文件数の急増に応じ能力を増強。現システムは19年11月に全面刷新したばかりで、1年足らずで障害が起きたことになる。

東証によると、障害は共有ディスク装置のメモリー故障が引き金。故障に備え、もう1台用意してある予備装置への自動切り替えができず、富士通が解析を進めている。

東証の障害は、富士通の不具合ではなく、富士通の子会社の不具合なのです。日本社会はそうなっているのです。

私は、大手電機メーカーの半導体部門(東芝メモリみたいなもの)で、主に基本ソフトの部品を作成していました。

企画・立案するのは本社で、実務を行うのは子会社なのです。実務の指令も、綿密に作成された仕様書などはなく、本社から漠然と「〇△ができるものを作れ」というものです。

大きな案件になると、それを実現するために、他のいろいろなところに波及するため、綿密で膨大な作業を必要とします。そんなことは、本社の知ったことではありません。本社でさえ、自ら立案したものよりも、他社と比較して指示を出すのがほとんどです。

ヘタしたら、今回の案件は、海外に発注したものかもしれません。ともかく、本社は実務はしないのが日本社会なのです。

|

« 菅政権は強い自民党の「55年体制政権」で官僚主導が復活するのでは | トップページ | 菅政権になってからスマートフォンありきだ行政の手続はQRよりもハンコのほうがマシだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅政権は強い自民党の「55年体制政権」で官僚主導が復活するのでは | トップページ | 菅政権になってからスマートフォンありきだ行政の手続はQRよりもハンコのほうがマシだ »