« 正月三が日を全国出勤日にすれば自然と休暇も分散するよ | トップページ | 自由に学問をしてもいいけどデジタルと核の時代に歴史から学ぶことはもうありません »

「携帯電話料金の値下げ」を進めるならばガラケーの料金も値下げしてください

菅政権が掲げる“携帯電話料金の値下げ”を進めるため、総務省は新たな改革案をまとめた「アクションプラン」を公表しました。

「アクションプラン」は携帯電話の利用者が契約する会社を乗り換えやすくするために総務省がまとめた改革案です。第1の柱として「分かりやすい料金やサービスの実現」。

第2の柱として「公正な競争促進」。そして、第3の柱として「乗り換えの円滑化」を掲げ、具体的には契約者情報が記録されたSIMカードのかわりに「eSIM」という機能を普及させることや、乗り換え後でもメールアドレスを継続して利用できる仕組み作りなどを求めています。

「アクションプラン」ってまた横文字ですか。これも安倍政権の継承なのですね。

我が家の携帯は全てガラケーです。スマートフォンは高価な玩具です。私は、通話とメールという基本的な通信機能があれば充分です。

「携帯電話料金の値下げ」ならば、ガラケーの料金も値下げしてほしいですね。いちばん心配なのは、ガラケーが無くなり、全てスマートフォンになることです。

でも、会社に持たせられる携帯や高齢者は、まだまだガラケーの需要はあると思います。

もしかして、スマートフォンを普及させて、健康保険証や運転免許証などを、スマートフォンのアプリにしようとしてはいませんよね。

それでデジタル化はオシマイとなったら笑い話ですよ。

|

« 正月三が日を全国出勤日にすれば自然と休暇も分散するよ | トップページ | 自由に学問をしてもいいけどデジタルと核の時代に歴史から学ぶことはもうありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月三が日を全国出勤日にすれば自然と休暇も分散するよ | トップページ | 自由に学問をしてもいいけどデジタルと核の時代に歴史から学ぶことはもうありません »