« 総務省が接待会食の調査をしたらゴロゴロ出てくるよヤメたほうがいいよ | トップページ | 自動運転の設定が「自動車専用道路で時速50キロ以下」なんて走りたくないです »

緊急事態宣言で感染者数が減ったわけではないちょうどウイルスの活動が低下しただけだ

政府は5日、新型コロナウイルス対策として東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏4都県に出している緊急事態宣言について、7日までとされていた期間を2週間延長し、21日までとすることを決めた。

菅義偉首相は記者会見し、「2週間は感染拡大を抑え込むと同時に、状況をさらに慎重に見極めるために必要な期間」と述べた。

菅首相は会見で、「宣言を発出した1月以降、大きな効果が目に見えて現れている」と指摘。全国の新規感染者数が8割以上の減少したこと、東京では「解除の目安」としていた1日当たり500人を下回る日が続いていること、入院者・重症者数が減少していることなどを宣言の効果として強調した。

緊急事態宣言が発令されたから全国的に感染者数が減ったわけではない。ちょうど、発令した時期から全世界的に感染者数が減っている。

何の理由かはわからないが、ウイルスの活動が低下したからとしか思えない。海外では、何度もロックダウンしていた国でも、感染者数は減少している。

政府の手柄と取られてはいけない。日本で緊急事態宣言って言っても、夜の飲食業の時短だけです。昼は普段と何も変わらない生活をしている。

結論は、緊急事態宣言を延長しても解除しても、さほど変わらないということです。

|

« 総務省が接待会食の調査をしたらゴロゴロ出てくるよヤメたほうがいいよ | トップページ | 自動運転の設定が「自動車専用道路で時速50キロ以下」なんて走りたくないです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総務省が接待会食の調査をしたらゴロゴロ出てくるよヤメたほうがいいよ | トップページ | 自動運転の設定が「自動車専用道路で時速50キロ以下」なんて走りたくないです »