« 再生可能エネルギーは設備が複雑で環境を破壊するから石炭火力を推し進めるのがよい | トップページ | 菅首相がワクチンを買えなくとも心配はしませせん安全な国産ワクチンを待ちます »

日米首脳会談は爺さん同士が身の上話をしただけシナリオは事務方が書いている

日米首脳は、ホワイトハウスの一室で、ハンバーガーを前に、マスクを着用したまま見つめ合っていた。

バイデン大統領が、初めての対面形式の会談相手として、菅首相を招いて行った日米首脳会談。共同声明では約半世紀ぶりに「台湾」を明記し、中国を強くけん制した。

「雰囲気はすごく良かった」と出席者が口を揃え、首相自身も「私と似ている」と“ベテラン政治家”同士の相性に手応えを語る一方、ある政府関係者からは「米中の事実上の軍拡競争に日本は巻き込まれている」との声も上がる。

菅とバイデンでしょう。爺さん同士の会談だなんて、身の上話くらいしかできないでしょう。

日米双方の事務方が意見をすり合わせて、シナリオや声明の原稿まで書いていることだろう。尖閣がどうの台湾がどうのと言われても、主役たちにはその意味するところがわからないのだから、どうしようもない。

シナリオ通りに事が運んで、爺さんだから余計なことは言わないので「雰囲気が良かった」は当然で、逆を言えば「中身が無かった」のだろう。

私は毎日、全国紙の主要記事に目を通しているが、今ほど、報道がウソっぽくて読む気が起きないときは無かった。

最近の記事は、実現しようもないことが多く書かれている。日本が危ういかな?

|

« 再生可能エネルギーは設備が複雑で環境を破壊するから石炭火力を推し進めるのがよい | トップページ | 菅首相がワクチンを買えなくとも心配はしませせん安全な国産ワクチンを待ちます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再生可能エネルギーは設備が複雑で環境を破壊するから石炭火力を推し進めるのがよい | トップページ | 菅首相がワクチンを買えなくとも心配はしませせん安全な国産ワクチンを待ちます »