« トリチウムが安全ならば復興五輪なのだから五輪プールの水に使ったらいかが | トップページ | あんなに決定的だった汚染水の海洋放出を「先送り」するなんて全く科学的でない »

「宣言」とか「措置」とか念仏のように唱えているだけならば寺の和尚に頼めばよい

菅義偉首相は9日夕、首相官邸で開かれた新型コロナウイルスの対策本部会合で、「まん延防止等重点措置」の適用対象に追加した東京、京都、沖縄の3都府県について、「期間、区域を限って、緊急事態宣言並みの強い措置を実施する」と述べた。

首相は「感染力の強い変異株(の割合)が高まっており、最大限の警戒を続ける。今後も、各地で発生する波を全国規模の大きな波にしないため、地域を絞った重点措置を機動的、集中的に講じて感染を抑え込む」と強調した。

「緊急事態宣言並み」って、そりゃぁそうでしょう。飲食店の時短要請だけなのだから、どちらも違いは無いですよ。

それに「期間、区域を限って」って、国が市町村レベルに対応することはない。都道府県を指定して、知事に権限を与えたほうがうまく機能するに決まっている。

また今回は、大阪周辺や地方でも過去最高の府県が出ているのだから、本来ならば全国的に緊急事態宣言を発令すべきだが、オリンピックがあるからできない。

まぁね、「宣言」とか「措置」とか、念仏のように唱えているだけならば、有力な寺の和尚さんに頼んだほうがよいかもね。

|

« トリチウムが安全ならば復興五輪なのだから五輪プールの水に使ったらいかが | トップページ | あんなに決定的だった汚染水の海洋放出を「先送り」するなんて全く科学的でない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリチウムが安全ならば復興五輪なのだから五輪プールの水に使ったらいかが | トップページ | あんなに決定的だった汚染水の海洋放出を「先送り」するなんて全く科学的でない »