« 佐川が中国製の軽EVを採用した下請け問題があるから日本は絶対に本気でEVは造らない | トップページ | 小池知事の本音は東京23区をロックダウンしたいということだ »

処理水が膨大にあるということは処理された放射性物質も膨大に残っているわけですよね

東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は13日、関係閣僚会議を首相官邸で開き、海洋放出の方針を正式決定した。

2年後を目途に第1原発敷地内から放出に着手。残留する放射性物質トリチウムは濃度を国の基準の40分の1未満まで薄める。風評被害には東電が賠償対応する。

決定を受け全国漁業協同組合連合会(全漁連)は「到底容認できるものではない」と抗議するコメントを出した。

会議で菅義偉首相は「処分は廃炉を進めるのに避けては通れない課題だ。政府が前面に立って安全性を確保し、風評払拭に向けあらゆる対策を行う」と述べた。

トリチウムが安全ならば希釈などしないで、そのまま流せばよいではないか。希釈したら放射能が弱まるわけではないのにね。

それに処理水なんだから、処理された他の放射性物質はどこかに蓄積されているわけですよね。あれだけの処理水なのだから、さぞ膨大な放射性物質が福島第1原発敷地内にあるわけですよ。

周辺地域では除染もしている。除染された放射性物質は川から海へ淡々と流れているのではないでしょうか。

復興と言って10年以上も取り組んでいるのだけど、私には税金のムダ使いにしか思えない。

福島第1原発の末路を見るまで、私の命は残っていないのが悔しい。

|

« 佐川が中国製の軽EVを採用した下請け問題があるから日本は絶対に本気でEVは造らない | トップページ | 小池知事の本音は東京23区をロックダウンしたいということだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐川が中国製の軽EVを採用した下請け問題があるから日本は絶対に本気でEVは造らない | トップページ | 小池知事の本音は東京23区をロックダウンしたいということだ »