ゲーム

任天堂はファミコン時代のソフトをネットで流せばよい

任天堂は17日、平成26年3月期連結業績予想を大幅に下方修正し、売上高が従来予想より3300億円減の5900億円になると発表しました。

本業のもうけを示す営業損益は、従来予想の1千億円の黒字から350億円の赤字となります。営業赤字は3期連続です。最終損益は従来予想の550億円の黒字から250億円の赤字に転落します。売上高の6割以上を占める年末商戦の不振が主な理由だとか。

岩田社長は「昨年夏以降有力なソフトを発売してきたが、流れを変えることができなかった」と説明しました。その上で「スマートフォンをビジネス拡大にどう使うかを考えるべきだ」と述べ、現行の事業構造を転換する考えを示唆しました。

任天堂は欧米を中心に海外の売上高比率が8割近いそうですが、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売した据え置き型ゲーム機の新製品「プレイステーション4」に押され、年末商戦は販売目標の3割程度に終わったそうです。

これは明白に、据え置き型ゲーム機では「プレイステーション4」に敗れたわけです。有力なソフトも無いようですから、岩田社長の言う通り、スマートフォンを対象に、国内で勝負するしかないでしょう。

私の携帯はガラケーですし、私はゲームセンター全盛時にゲームをしたっきり、据え置き型ゲーム機を購入及び使用したことはありません。

でも、昔の話ですが、友人宅へ遊びに行くと、ファミコンで楽しそうに遊んでいた友人がいました。

これも確たる根拠は無いのですが、どうも日本人はゲームはスマートフォンでするものになってきたようですね。

任天堂にはファミコン時代のゲーム資産があるではないですか。それをスマートフォン用に流通させれば、商売はできると思いますよ。

ファミコン時代のゲームは単純ですが、それゆえに楽しいと思います。据え置き型ゲーム機は、周辺機器を充実させて、健康管理とかに利用できると思います。

任天堂の未来は暗くないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧来型据置ゲーム機の役割はスマートフォンへ行くのか

クリスマス商戦を彩るゲーム業界だが、今年の国内市場は“厳冬”の兆しがあるそうです。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と米マイクロソフト(MS)が、海外ではクリスマス商戦に投入する次世代据置型ゲーム機を、日本では来年発売に先送りしたためだとか。

家庭用ゲーム機における日本市場の存在感の低下は否定できません。こうした中で、昨年の発売以降、販売不振にあえぐ任天堂の「Wii U」が、商戦の中心に浮上しています。

ゲーム雑誌「ファミ通」を出版するKADOKAWAの浜村弘一常務によると、海外と異なり「日本は、据置型の家庭用ゲーム機より、携帯ゲーム機が強い特殊な市場」だとか。

平成25年度上期(4月1日~9月29日)に国内で売れた家庭用ゲーム機は291万7501台で、このうち携帯型の「ニンテンドー3DS」や「PS Vita」が約8割を占めているそうです。

そうですか。日本にはもはや据置型ゲーム機はマイノリティなわけですね。

もうはるか昔になりますが「スーパーファミコン」で対戦型ゲームを子供たちがしていた時代のほうが、まだ対人関係がありましたね。携帯型ゲーム機には通信機能で対戦できるゲームもあると聞きますが、もはや携帯ゲームの主流はスマートフォンになっているのではないでしょうか。

私は個別指導塾へアルバイトへ行っていますが、生徒(中学生)に「ちょっと休憩ね」と言うと、スマートフォンをいじっていますよ。

もうね玩具の王様はスマートフォンなんですよ。私は絶対に使いませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭用ゲーム機は趣向を変えるべきときだと思う

世界最大規模の家庭用ゲームの見本市「東京ゲームショウ2013」が19日、千葉市の幕張メッセで開幕します。

ソニー・コンピュータエンタテインメントが国内で初めて新型ゲーム機「プレイステーション4」を一般展示し、ユーザーが急増しているスマートフォン向けゲームを提供する新興勢に対抗するという。

私は、インベーダーゲーム世代です。コインを入れてゲームをする時代でした。カネがかかっているから遊ぶのも真剣でした。また、あの頃のゲームは楽しいモノが多かったと思います。

ほどなく、ファミコンがヒットして、ゲームは家庭でするモノに変わっていきました。ゲーム機とソフトがあれば、時間無制限にできるようになりました。身銭を切ってゲームをするスリルに快感を感じていた私は、ゲームから離れていきました。

たまに知人のところで、ファミコン以降のゲーム機を見てきましたが、画像と音響が発展していくだけで、ゲームとしては何ら進歩していないなぁと感じました。

今や、ゲームはスマートフォンでする時代でしょう。では、家庭用ゲーム機に何を求めるとなると、私は日常生活に寄り添った家庭用ゲーム機であると考えます。

健康面や教育面を家庭用ゲーム機が担うのに期待したいですね。

血圧や心拍数などなら、簡単なセンサーで測定できるでしょう。そのデーターを蓄積して、健康ソフトに組み込んで、自分の健康状態を監視するのもよいでしょう。

教育面でも、家庭用ゲーム機の性能は、スマートフォンよりもはるかに高いと思います。容量も大きいでしょうから、例えば、学校や塾などと連携して、教育ソフトを作ってもいいと思います。

本命のゲームですが、ゲームの本質は、ファミコン時代と、さほど変わっていないと思います。新しいゲームよりも、ファミコンシミュレーターを搭載して、ファミコンやスーパーファミコンの時代のゲームができるようにしたほうが売れるのではないでしょうか。

使いこなせないパソコンよりも、家電製品に近い家庭用ゲーム機の出現を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確かにプログラミングは個人プレーだけどね

任天堂が、家庭用ゲーム機「WiiU(ウィー・ユー)」向けのゲームを開発するソフト(開発ツール)の無償配布を国内外で始めたことが14日、分かりました。

ゲームの開発ツールは、これまで事前登録したソフト会社のみに配布されており有償だったが、個人でも登録すれば無償で利用できる仕組みを導入しました。

世界中のプログラマーに無償提供することで、開発者の門戸を広げ、WiiUの販売低迷の主因となったソフト不足を解消する考えだとか。

私は90年代まで、その開発ツールの製作を大手電機メーカの半導体部門で手がけていました。

出願特許もしましたけど、確かにプログラミングは個人プレーであり、個の力に依るところが大きいです。

私は、ゲームに関してはスペースインベーダー世代です。コインをゲーム機に入れてプレイするスリルを好み、ファミコンが出たときは、ソフトさえ買えば、後は無料でプレイできるので、興味を無くしました。

私は独身寮に居た時期があり、プレイステーション2をしている同僚のところでゲームを見たことがありますが、その映像と音の精緻さには驚きました。今どきの家庭用ゲーム機のソフトの映像と音は、もっとスゴいのでしょうね。

ゲームプログラミングをしたことはありませんが、ゲームのストーリーを描き、登場キャラクターを設定して、それらの画像を作成し、プログラムしていくのは、さすがに一個人の力だけではムリでしょう。

絶対的な個の力は必要ですが、それをサポートするサブメンバーがいないと、大きなソフトは完成しないと思います。

WiiUのゲームが、スマートフォンのゲームと同程度だったら、笑い話ですよね。でも、ゲームってその程度で、私は見たことはありませんが、スマートフォンでできるゲームで充分に楽しめると思いますよ。

マイクロソフトのWindowsの問題と同じように、任天堂もファミコンを復活させて廉価で無線で遊べるようにしたほうが、皆が楽しめると思います。

私は詳しくありませんが、ファミコンやスーパーファミコンでのゲームが、いちばん家庭用ゲーム機を楽しめた時代ではなかったでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうかスマートフォンってゲーム機だったんだ

世界最大規模の家庭用ゲームの見本市「東京ゲームショウ」が15日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕しました。

スマートフォンなどから交流サイトへアクセスして遊ぶソーシャルゲームの出展が目立っているそうです。

なるほどね、スマートフォンってゲーム機として普及したわけね。それなら納得できるよ。

今、ゲームなんてヒマつぶしなんだから、大掛かりで大画面の画像なんて要らなくて、純にゲームができればいいわけね。

据え置きのゲーム機のように、ソフトを媒体で購入しなくても、ダウンロードやネット接続で楽しめるのだから、いいよね。

でもさぁ、インターネットをヒマつぶしのゲームに利用されては、たまらないよ。

これから、ネットのトラフィックジャムが頻発するのだろうか。ヤメてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任天堂「3DS」大幅値下げはヒドい

任天堂の岩田聡社長は28日、発売から半年も経たずに携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の希望小売価格を現在の2万5千円から1万5千円に値下げすると発表しました。

公式サイトで「いちばん最初に3DSを応援してくださったみなさまからのご信頼を損ない、ご批判を受けかねないことだと痛感している」と謝罪したそうです。

理由として、「今思い切った手を打たなければ、多くのお客様に3DSを楽しんでいただく未来がつくりだせない」と危機感をあらわにしたそうです。でも、ヒドい話だよね。

我が家も地デジTVの32型を購入したのが、2008年でした。当時、アンテナ工事もあるから、近所の懇意の電器店で購入しました。そのとき店員は「これからTVの値段は上がるよ」と言っていました。私は「そんなことになるわけがない」と思っていましたが、私の想像以上に、TVの値段は下がっていきました。

エコポイントが終わる少し前の昨年の11月に、台所の14インチブラウン管アナログTVを、19インチの地デジTVに切り替えました。エコポイントが終了してからでも、値下げはスゴかったからね。

でも、今回の任天堂の暴挙には驚きました。社の基幹商品を、半年も待たずに、大幅値下げするとはね。

大々的な発売宣伝もしていたから、購入してしまった人たちは憤慨していると思うよ。

これから生活必需品が、どんどん値上がりしていくよ。もう「値下げ」という言葉は聞かれないかもしれない。

しかし天下の任天堂ともあろうものが、愚かなことをしたものだ。

えぇっ…14インチブラウン管TVはカワイイから物置にしまってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3不具合~ソニーよ、オマエもか…

「株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント」の発表によれば、「PlayStationR3(PS3R)をご利用の一部のお客様の環境において、PS3R(新型PS3Rを除く)に使用している時計機能が2010年をうるう年と認識していました」だとさ。

これってソフトのバグだけど、致命的というより、初歩的なバグだよね。

インターネットが導入される以前でさえ、時計機能をマイコンに搭載するのは普通にあったはず、そんな古典的なプログラムの初歩でさえ、品質管理されていないとは、ソニーに明日はないね。

まぁ有機ELテレビの国内販売中止など、迷走を続けているし、映像コンテンツは、未だに、ブルーレイではなく、旧来のDVDが主流だもんね。

だいだい大容量が要求される映像コンテンツでも、2層DVDで充分対応可能なんだから、ブルーレイなんて要らないって。

「VHS×β」で負けて、やっとブルーレイで勝ったと思ったら、スグに次世代ディスクが登場したりしたら、本当に悲喜劇だよね。

私は、昔、オーディオ製品で、ソニーの耐久性のヒドさに懲りているから、ソニーの商品は、大嫌いだけどね。

技術だけは優れていたと思っていたのに、こりゃぁソニーもオシマイだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)