学問・資格

日本の試験は過去問から成り立っている

「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」-。19日に全国で実施された看護師の国家試験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判しているとか。

厚生労働省は「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっているという。看護師不足から厚労省が合格点を下げるという観測も広がっているそうです。

19日に行われた第106回看護師国家試験は、東京、大阪など全国11都道府県で実施されました。試験終了直後からネット上では「あんなの勉強しても取れない」「過去問が全く当てにならなかった」などの不満が書き込まれたとか。中には、試験を所管する厚労省を攻撃する言葉も並んだとも。

私は、受験産業に身を置く者です。自身も大学入試を経験し、旧帝国大学の工学部と、地元の公立大学の薬学部に合格しています。他にも、エンジニアとして資格を1つ、あとは英検準1級を32歳で取得しました。

エンジニア関連の資格は、過去問習得がほとんどで、出題傾向が変わったとしたら、その時点でお手上げでした。大学受験と英検は、過去問を意識して勉強したことはなく、実力で合格しました。

けれども、日本の大学の半分は、過去問を10年分やっておけば、それで合格しますよ。他の国家試験も、医師とか弁護士以外は、おそらく過去問が頼りでしょう。

日本社会はね、独創力とか問われないわけです。前例通りにミスなく淡々と仕事をこなせば、それでよいのです。ヘタに、周りと比べて秀でたことをすると煙たがられる。

しかし、読解力を問う問題が、どうして看護師に必要なのですか。日本の国語教育は、高校や大学入試に見られるように、文学偏重です。

読解力とは、論理的な散文を正しく読み取る力量で充分ではないですか。文学作品を読んで、その受け取り方の模範を示すなんてナンセンスです。文学作品(小説)は、絵画同様、触れる人の感性に委ねればよいのです。

文系官僚が仕切ると、日本の科学技術は、さらに廃れてゆく。これは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検5~3級合格に読み書き能力は要らない

小学校の英語教育の早期化が検討される中、子供向けの英会話スクールや英語塾が多様な取り組みを始めています。英語を学ぶ小学生や就学前の子供の数も着実に増えています。

「10年前と今では大きく環境が変わり、英語を学ぶ子供の数の伸びは大きい」英会話スクール「イーオン」の広報課、森田繁雄課長代理はこう説明します。

森田課長代理によると、以前はおけいこ感覚で子供に英語を学ばせる親が多かったが、平成23年度から小学校5、6年生の外国語活動が必修化されたことで状況が変化。はっきりと上達の結果を求める親が増え、英語検定など資格取得のニーズが増えてきたという。

こうした状況に対応するため、25年4月には、3、4年生と5、6年生を対象にした「文法コース」も導入しました。英検5~3級に対応する内容で「聞いて話せるという音の学習に加え、読んで書けるという英語の基礎力が身に付くので、驚くほど人気が出ている」という。

果たしてそうだろうか。私は受験産業に身を置く者で、主に個別指導をしています。手持ちの生徒で、英検を5級から順番に3級まで合格させた実績があります。

中学2年から3年の間のことでした。しかし、その生徒は、中学1年の文法すらわからないのですよ。中学1年教科書の後半の文章なんて書けないし、読解解釈すらできません。それでも英検は3級までならば合格できます。

ちなみに私は、32歳で英検準1級を取得しました。海外旅行へは1度しか行ったことがありませんし、英会話学校へ通ったことがありません。

私の合格の要因は、大学受験までの文法の蓄積と、NHKラジオ講座を繰り返して聴いていたことです。

しかし繰り返しになりますが、英検5~3級までならば、リスニングで9割取れば、あとは適当にマークしておけば、合格点に達します。

リスニングも訓練のレベルです。過去問を中心に訓練するのが最適でしょう。できることならば、ネイティブとの会話ができる環境があるといいですね。そういった意味で英会話スクールの存在意義はあると思います。

しかし、小学生の英語教育が大学受験に結びつくかというと、関連性は無いと思います。難関大学へ合格したかったら、高校で英語をみっちり学ぶべきです。学校の教科書ではなくてね。

私は高校時代に学校の英語の教科書で勉強したことはありません。全て良い参考書や問題集のおかげで、難関大学へ合格することができました。

英語を学校教育に頼るとロクなことはありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学界全体の論文を精査しなさい

新たな万能細胞とされる「STAP細胞」の論文不正問題を受け、理化学研究所が文章の盗用などを見破るソフトを導入し、全研究者の論文チェックを始めることが6日、分かりました。STAP問題の発覚後、初の具体的な不正防止策で、今夏から運用開始されます。

導入するのはコピー・アンド・ペーストの判定ソフト。論文に記載された文章を、インターネットや各種データベースに存在する論文などと瞬時に比較し、丸写し部分を検出するという。言い回しを変えたり、文節の順序を入れ替えたりしても、論旨が同じならほぼ見破れるとか。

理研は国内外の11拠点に計約2800人の研究者が在籍し、年間約2700本の論文を発表しています。今後は各拠点の監督責任者などが判定ソフトを使って、発表する全論文で盗用の有無などをチェックするそうです。

それは良いことと思いますが、理研だけではなく、学界、特に大学での論文も徹底精査してもらいたいです。

既存の論文のコピー・アンド・ペーストで作成したもので博士号などを取るなんて詐欺同然です。

きっと、全国の大学で精査がなされたのなら、半数以上は違反となるのではないでしょうか。

今や「大学全入」と言われる時代です。卒論を請け負う代行業者があることは公然の事実です。

私は受験産業に身を置く者ですが、高校生でマトモな文章が書けない学生は珍しくありませんよ。それくらいの学生が大学生となり卒業していくのですから、社会には特殊な仕組みがあるのですよ。

そろそろ勉強が嫌いでも立派に生きられる社会を築きましょう。キーワードは「貧しくとも安定した生活」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検は3級まではリスニングだけで合格できる

試験中は立ち歩かないで-。英語のレベルを測る実用英語技能検定(英検)で、バイリンガル教育を受けたとみられる幼児の受験が盛んになっています。

実施主体の公益財団法人「日本英語検定協会」によると、昨年度の5歳以下(未就学児)の受験申込(志願)者は10年前の5倍に当たる約2500人だとか。しかし一部には試験中に立ち歩く幼児もおり、試験の妨げにもなっているという。

同協会は、年少者受験の注意点を受験申込書やホームページに掲載するなど対応に苦慮しているそうです。

私は受験産業に身を置く者で、個別指導もしています。最近の事例では、中学1年の後半の教科書も理解できない中学3年生の保護者から「英検3級合格」の要請を受けました。

普通に考えたら、とうていムリな話ですが、英検の問題を吟味し、配点を考え抜きました。その結論は「英検は3級までならリスニングだけで合格できる」です。

当該生徒も、リスニングで9割以上を目指して特訓しました。筆記問題では「適当にマークしておきなさい」と指導しました。

その甲斐もあって、1次試験は、合格点よりも1点だけ多く得点し通過しました。2次試験のインタビューも、質問のパターンは予想できるので、キーフレーズを覚えさせて「堂々と答えなさい」と指導して、2次試験も通過して合格しました。

ちなみに、1次試験では、もくろみ通り、リスニングで9割以上を確保しての合格です。筆記試験はデタラメな解答ですが、4択ですから、適当にマークしておいても、ある程度の点は得られます。逆に言えば、ヘタに考えるよりも適当にマークしたほうが、得点できます。

私はと言えば、商社などのような英語を使う職場に勤務していたわけではありませんが、NHKのラジオ講座で勉強して、32歳で英検準1級を取得しました。

今や、CDの入った英検本はザラにあります。MP3の音声データで膨大な量の音源が入っているモノもあります。

耳さえ慣らせば、確かに未就学児でも、3級までなら、ちょっとした要領と訓練で合格できますよ。

まぁ、バイリンガル幼児と言っても、母国語がキチンとできなければ、何の意味もありませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スゴいぜ法科大学院

今春、学生を募集した法科大学院67校のうち、入学者が定員を下回ったのは91%に当たる61校に上り、2年連続で9割を超えたことが8日、文部科学省の集計で分かりました。

66%に当たる44校は定員の半数に満たず、10人未満も28校に上りました。新潟大と東海大は1人だけでした。

司法試験の合格率低迷が続いていることに加え、合格しても法曹の就職先が広がらないことから、学生の法科大学院離れが鮮明になった形だとか。

入学者が10人未満だったのは他に神奈川大、愛知学院大、久留米大が2人。静岡大、島根大、香川大、鹿児島大、北海学園大が3人など。極端に学生が少ないと法科大学院の運営や教育の質の確保が困難になるとか。

スゴいね。大学院のクラスが1名だなんて。でも、その1名になれた人は、マンツーマン指導を受けられるわけだから幸せですよね。

しかし誰が法科大学院なんて考えたのでしょうか。ここまで社会に受け入れられないシステムを官僚が作るとは、いったいどうしたことなんでしょうか。

確か現在は、法科大学院を終了していなくても、予備試験というものに合格すれば、司法試験を受験できるはずで、しかも、法科大学院修了生よりも、予備試験合格者からの受験のほうが合格率が高いはずです。

私はとうてい及びませんが、司法試験に合格しようとしたら、いったい何を選択すればよいのでしょうか。

当事者ではないので無責任な発言になりますが、現状では、何が何だか、さっぱりわかりませんよね。

冷静に合格率などの数値を見れば、予備試験を通過して司法試験に挑むのが、合格率の高い方法だと考えられます。

それならなぜ法科大学院があるのでしょうか。またワケがわからなくなってきました。

それでも存在する法科大学院は、やはりスゴい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博士号取得者が何人消えるだろう

早稲田大は、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが所属した先進理工学研究科の全ての博士論文を対象に、盗用や捏造などの不正がないか調査を始めたと明らかにしました。

対象は小保方氏の博士論文以外の約280本で、悪質な不正が確認されれば学位の取り消しも検討するという。

早大によると、先進理工学研究科は平成19年に設置。小保方氏は同研究科に博士論文を提出し23年に学位を取得しました。

小保方氏の博士論文に他人の文章の切り張りが指摘されたが、ほかの学生の博士論文にも切り張りが指摘され先月から同研究科が調査を始めたそうです。

博士論文どころではない。卒業論文も、早稲田のもならず、全ての大学で調査すべきです。

他文献からの盗用なんて調べればいくらでも出てくるでしょう。盗用が判明したら、大学側は、学位取り消しを本気でするのでしょうか。

もしこれが、全国に拡がり、徹底的に調べたら、とんでもない数の学位が消えてしまうでしょう。

全国の大学で、多数の教授や准教授が消えてしまうかもしれない。今でさえ、大学経営は厳しさを増していますが、教授陣が消えてしまったら、どうやって大学を運営していくのでしょうか。

まさに、しっかりと調べてもらいたいものです。大学の自然淘汰は、スグそこにまで来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学で分数の計算を教えようが立派な教育だよ

文科省は、大学設置認可後に、授業内容や教員組織の整備など運営が適切か調べる「設置計画履行状況調査」を行っています。

平成25年度の調査では、対象の大学・短大や大学院528校のうち、教員数が設置基準に満たないなどとして半数が改善を要求され、改善計画の提出を求められた大学も1割近くあります。

中には受験生のほとんどが合格しており、英語の授業で中学で教えるbe動詞など基本的な英文法を教えている大学がありました。「入学選抜機能が働いているとは考えられない」として、入試改善とともに入学後の補習などを整備するよう求められました。

いま、こうした教育の質低下の問題は、一部の大学だけの話ではないとか。英語のほかにも分数などの中学レベルの学力が身についていない学生が入り、補習などを行わざるを得ない所が少なくないという。

まぁ、そんなに大げさにしなさんな。これを大学教育の質低下と捉えるのではなく、高校の学習指導要領以前の、義務教育の指導要領の内容が多すぎるのですよ。

政府は「ゆとり教育」を否定しましたが、大学の実態を見れば「ゆとり教育」は正解だったのではないでしょうか。

私は、6-3-3-4制の教育を是とはしませんが、今の義務教育の範囲内であれば、現在の小学生で履修する内容を、中学生までに履修するように「ゆとり」に回帰したらいかがですか。

多感な思春期でもあり、成長に個人差も大きい時期の、高校入試は緩くして、希望の高校に楽に入れるようにしたほうがいいと思います。

高校は、義務教育ではないのですから、義務教育内で理解できなかった内容を補習する授業もあってよいと思います。

大学は全入時代なので、教育の内容は大学に任せればよいでしょう。英語の初歩の文法を教えようが、分数の計算を教えようが、それでいいではないですか。

日本人の知能なんて、そのくらいのものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大の推薦入試の学力試験がセンター試験だけなんて信じられない

東大は29日、平成28年度以降に入学する学生を対象に導入する推薦入試の概要を発表しました。

各学部で5~30人、計100人程度を募集し、毎年11月に出願を受け付けます。これに伴い、2次試験の後期日程は廃止します。

東大によると、各学部が予定する募集人数は教養、薬、医、教育がそれぞれ5人。法、文、理、経済、農がそれぞれ10人。工は30人。1、2年生の間は文科1~3類、理科1~3類に所属します。

出願には高校の校長の推薦が必要で、特定の学問分野に強い関心を持っていることが条件。書類審査を通過した受験者を対象に、学部ごとに面接試験をし、大学入試センター試験の結果と合わせて、2月に合格者を決めるという。

推薦入試を認めたとして、選考過程で書類審査などが行われると思いますが、学力試験がセンター試験だけなんて信じられません。

東大を受験する学生くらいなら、センター試験はケアレスミスをするかしないかの問題で、彼らの本当の学力は測れないと思います。

いくら高校が推薦して、面接で学問に強い関心があると判断されたとしても、やはり、ある程度の学力審査は必要だと思います。センター試験と面接だけなんて、三流大学の受験と変わりないではないですか。

まぁ、既に東大のみならず、難関大学でも学生の学力の二極化がされていると聞きます。

学生の絶対数が減っていくわけですから、推薦入試を考えたかもしれませんが、慎重になさってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話と学問としての英語は違う

自民党の教育再生実行本部が国内全ての大学の入学試験を受ける基準として、英語運用能力テスト「TOEFL」を活用する方針を固めたことが20日、分かりました。月内にまとめる第1次報告に明記し、夏の参院選の政権公約に盛り込むという。

この4月から高校の新しい指導要領が実施されるが、英語については、さらにコミニュケーション重視へとシフトされるようです。

私が大学受験をしたのは、もう30年以上も前だが、英語に臨むに当たって、難解な構文の文章を解釈する、英文解釈力を養うことに留意した記憶があります。

そのためには、文法をガチガチに固めて、基本的な英文を多く覚えたものです。私の語彙力は、さほどでもありませんでしたが、強力な英文解釈能力により、英語を得点原にすることができ、受験の幅が広がり、英語はコンスタントに得点できるので、安定感にもつながりました。

当時の私の英語のコミニュケーション能力はさほどではありませんでした。その後、大手電機メーカーの半導体部門に就職しました。英語力を買われて、2年目から海外研修生の指導担当をしました。

そのためにNHKラジオの「ビジネス英語」の番組をカセットに録音しては、通勤中に繰り返し聴いていました。

入社7年目にして、4年の海外勤務から帰って来た先輩に請われて、英検準1級を受験しました。自信は全く無くて、直前に過去問を解いただけでしたが、合格しました。

私に言わせれば、英会話は技術であり、学問としての英語とは違うと思います。それを大学入試の基準にするなんて、しかも民間の機関のモノを基準にするとは、理解しかねます。

まぁ、グローバル化の波で、英語によるコミニュケーション能力が必要かもしれませんが、私は、国際電話を受ける担当でもあったのですよ。

極論ですが、高校の基礎的な文法と語彙力があれば、英会話なんて半年もあれば日常会話に不自由ないレベルにすることはできると思います。

百歩譲って、そんなに英語運用能力を高めたかったら、もう少しマシな小学生からの英語の授業をしたらいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふぇ~っ、小学生が実用英語技能検定(英検)1級取得だって?

私は、1995年に30代で、英検準1級を取得しました。NHKの高レベルなラジオ講座にかじりついていたことと、大学受験勉強時の文法の知識と、運があったからこそ、取得できたものでした。

ところが、英検の志願者が減少傾向をたどる中、小学生の志願者だけは右肩上がりに伸び続け、平成22年度は約18万人が志願したことが6日、分かったそうです。

中でも、22年度の小学生志願者の内訳は(中略)最難関で大学上級レベルの1級でも188人が志願し、24人が合格したそうです。

へぇ~、小学生が1級だって?私は、当時英検1級は、英語のプロしか取得できないと思っていました。

今や、TOEICが主流ですから、英検がどんなになったかは知りません。

そうですか、仕事が低調な今、私、もう一度勉強し直して、英検1級にチャレンジしようかなぁ。

でも、実用の目的が無いとね。一度しか海外旅行してないから、死ぬ前にもう一度、そのために英語の勉強しましょうか…

でも今年は暑すぎて勉強どころではない(言い訳…)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)