携帯・デジカメ

電話で写真を撮ったりカメラで電話をかけたくないよね

カシオ計算機は9日、コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退を発表しました。

市場の大幅縮小のためで、今後はデジタルカメラの独自技術やノウハウを活用し、新しい事業領域創造を目指すとしているという。

カシオは、1995年に世界初の液晶モニター付き民生用デジタルカメラ「QV-10」を発売するなど、「デジタルカメラ」黎明期から存在感を示していました。17年9月にはタフカメラ「G’z EYE」などの新製品を発表していました。

私は携帯電話を持っていますが、ガラケーです。カメラ機能はありますが、一切使うつもりはありません。ガラケーは電話です。スマートフォンは玩具です。

今日は珍しくコンビニに行きました。混む時間帯だったので、駐車場はいっぱいでしたが、店の中は、それほど混んでいませんでした。よくよく見ると、みなさんエンジンをかけたまま、スマートフォンをいじっている。いったい何をしているのやら。

ともかく私は、電話で写真を撮りたくありませんし、カメラで電話をかけたくもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォンくらい買い与えてあげなさいよ

東京都台東区のマンションで母親を殺害したとして殺人容疑で高校1年の長女が逮捕された事件で、長女は事件前、すでに持っていた携帯電話を別のものに変更したいとして、母親と口論になっていたことが9日、捜査関係者への取材で分かりました。

捜査関係者によると、長女は両親ら親族とだけ通話やメールができる携帯電話を使っていたとか。周囲には「(友人らと自由に連絡が取れる)スマートフォンが欲しいと母親に言っているが、許してくれない」などと話していたという。

逮捕前の警視庁の任意聴取には「勉強のやり方について、母親とけんかをしたことがある」などとも話していたそうです。

私は、仕事のために携帯電話を所持していますが、ガラケーです。零細自営をしていますが、自分の仕事だけでは生活ができないので、3年前から、アルバイトに出ています。

そこでは、社員(全員非正規)は、私以外はスマートフォンを所持していて、経営者との連絡は、LINEを使っています。

スマートフォンは、いろいろなアプリがあるそうで、みなさん熱心に、スマートフォンと向き合っていますよ。これだけ日本に、スマートフォンが浸透したのですから、高校生くらいであれば、本人が欲しいと言えば、買い与えてあげなさいよ。

スマートフォンの威力はすさまじく、戦後GHQの洗脳活動さえ上回るほど、日本人を白痴化させようとしています。

スマートフォンの定義は玩具です。遊ぶことは、生活に必要ですよ。しかし、遊ぶことと学ぶことをバランスよくしなければなりません。これは老いも若きも普遍の真理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話会社は、それなりに努力してきたのにね

ソフトバンクが2016年4月からスマートフォンの利用が少ないユーザー向けに、データ通信と通話を合わせて月額4900円(税別)となる低料金プランの導入を決めました。2年契約が条件で、現行の最低料金の6500円よりも1600円安くなるとか。

ただ、ソフトバンクの新プランについては、「ターゲット層がどこか分からず、選択するユーザーもそう多くはないだろう」(業界筋)との見方も出ているという。

最近はデータ量の大きい動画や音楽が人気で、ネット上にも出回っており、頻繁に利用すると1ギガバイトは軽く超えてしまう。通話も時間無制限のスマ放題は選択できず、通話を重視するユーザーには物足りない。また、1ギガバイトを超えれば通信速度が落ちるので1ギガバイト追加するごとに1000円かかり、通話も5分を超過した分は30秒ごとに20円の追加料金が発生する仕組みになっているとか。

私はスマートフォンを否定する者です。しかし、指摘されるように、この新料金プランを選択する者はいないでしょう。

ソフトバンクは確信犯的に「政府に言われたからプランを作ってみました。いかがですか」ということでしょう。

携帯電話会社は、ずぅっと競争してきて、他社の動向を見ながら、料金体系も工夫してきたはず。それを、素人の政府が横槍を入れてきたものだから、さぞかし困ったと想われます。

こんな実用に耐えられないプランを選んだユーザーから、クレームの嵐にならないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だからスマートフォンを使うヤツはバカなんだよ

スマートフォン愛用者らの間で知られるインターネットサービスに捜査のメスが入りました。

警視庁と京都府警が7日までに児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)幇助の疑いで、画像や動画の共有アプリ「写真袋」運営会社の社長を逮捕したのだとか。

手軽さなどから若者を中心に人気を集めたが、未成年のわいせつ画像がやり取りされたり、援助交際の温床になったりするなど「無法地帯になりつつあった」(専門家)という。

だからさぁ、スマートフォンなんて使うヤツはバカしかいないんだよ。四六時中ネットとつながっていて、なにがおもしろいんだ。

私は、元プログラマーで、IT技術がなんたるかは、ある程度理解していると思います。しかし、私が一線を退いてから、カーナビだのスマートフォンだの、人間をバカにしてしまうようなモノが造られてきました。

私は零細自営で、しょうがなく携帯電話を所持していますがガラケーです。通話とメールができれば、それで充分です。先日も書きましたが、ガラケーが消えるのが心配です。

インターネットはね、近くの商店では販売していないものを購入するとか。有料コンテンツを楽しむとか。特定の情報を活用するためにあるものです。

お気軽にインターネットを使う輩は、価値の無い情報しか手に入れられないでしょう。だからバカなんですよ。

もう一度、ココで書くけど、スマートフォンをスマホと呼ぶな。アホの会話は聞きたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターとかSNSって何してるの

短文投稿サイトの米ツイッターは13日、最大で従業員の8%にあたる336人の人員を削減すると発表しました。

芸能人や政治家などが幅広く「つぶやき」を発信してきたが、近年は利用者数が伸び悩み、ことし4~6月期決算も多額の赤字を計上。投資家から経営改善を求められ、リストラに踏み切ることにしたとか。

私は、元プログラマーです。IT関連の技術は、ある程度理解しているつもりです。パソコンサポートも副業でしてきました。

しかし、スマートフォンという玩具が出て、Windowsも玩具のようになり、IT技術から背を向けるようになりました。大いなる違和感を覚えたからです。

私は今、零細自営をしています。必要悪で携帯電話を所持していますが、ガラケーです。また私は、第1級陸上無線技術士の資格を有しています。電波が乱用されることにも、大いなる違和感を覚えます。

携帯電話なんて、通話とメールができれば充分ではないですか。翻って、ツイッターとかSNSって、いったい何をしているのですか。

最近、テレビのニュースにも「つぶやき」なるものが表示されることがあります。うっとおしいです。

私は、協調性の無い人間です。外部に振り回されるのは嫌いです。友達もいません。付き合いにカネがかかるし、面倒だからです。ネット配信でない、CDによる音楽と、紙の本があれば、幸せです。

本当ならば、外部と直接的な接触は一切係わりたくありません。特に、現状の日本人のどの世代ともです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だからスマートフォンを持つヤツらはバカなんだ

スマートフォンで「1」「1」「0」を入力して通話ボタンを押すと通信速度が速くなる-という嘘の情報がツイッターなどで拡散、信じた人の操作で全国の都道府県警察に誤った110番通報が相次いでいることが26日、警察庁や秋田県警への取材で分かりました。

流されているデマは「これはiPhoneの人だけの裏技なんだけど、電話のキーパッドにした状態で『1』を2回押した後、『0』を押して、0・3秒以内に通話ボタンを押してから10秒くらい待つと、1カ月間通信制限が解除される。試してみて」などというものだとか。当然、110番につながります。

だからスマートフォンを持っているヤツらはバカなんだ。無線移動通信ならば、従来型の携帯電話で充分ではないか。メールもできる。

私は、第1級陸上無線技術士です。大手電機メーカーの半導体部門に15年在籍したことがあります。純粋なソフトウェア技術で出願特許をしております(単独発明者)。

今は零細自営をしています。携帯電話は所持していますが、スマートフォンが出たときには「なんてバカバカしいモノなんだ」と思いました。

先日、光回線の代理店から勧誘電話があったときに、相手をコキ降ろして「オマエはスマートフォンを持っているのか」と聞いたら「はい『iPhone』を持っていますが、使いこなせていません」だと。だいたい、みな、そんなものだ。

スマートフォンは玩具なんだ。遊んでいるヒマがあったら、新聞くらい読め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話は通話に用いるのだスマートフォンなんてナンセンスなんだ

パナソニックなど国内メーカーが、従来型携帯電話(俗に言う「ガラケー」)の生産を2017年以降に中止すると日経新聞が報じ、ネットではさまざまな反響が広がっています。

報道によると、メーカーは独自OSを搭載した携帯端末の生産を終了して、OSをAndroidに統一するとのこと。「ガラスマ」と言われる、外見や操作性がガラケー風の端末の生産は続けるとされています。

そんなバカな。「ガラケー」は立派な日本の文化であり技術なんだ。こんなことをするから、電機メーカーは、どんどんおかしくなる。

だいたい、携帯電話なんて通話とメールしか利用しない。スマートフォンなんてナンセンスだ。パソコン並の機能を利用したかったら、ノートパソコンを用いればよい。

スマートフォンを持っている者が、いったい、どういう利用をしているのか。ロクなことはしていないだろう。

OSを統一すれば生産コストが削減できると思っているのであれば、それはメーカーの怠慢だ。携帯電話のOSくらい作れないで、何が技術立国なんだよ。

そもそも、日本はソフトウェア開発力が弱い。セキュリティソフトなんて、全てと言っていいくらい海外製だ。猿真似オフィスソフトも中国製か韓国製が主流となっている。

日本はもう技術力で勝負はできないんだよ。それならば、グローバリズムから足を洗って、身の丈に合った穏やかな生活のできる社会を目指しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年11月に従来型携帯電話に機種変更してよかった

MM総研は2月3日、2014年1月~12月の国内携帯電話端末の出荷台数の調査結果を発表しました。

これによると、総出荷台数(従来型携帯電話およびスマートフォン)は前年比2.5%減の3828万台となり、過去最高の43755万台を出荷した2012年から2年連続で減少したという。

スマートフォンの出荷台数は2770万台(前年比5.3%減)となり、3042万台を出荷した2012年から2年連続で減少しました。

総出荷台数に占めるスマートフォンの出荷台数比率は72.4%(前年比2.1ポイント減)となりました。

一方、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)の出荷台数は1058万台(5.7%増)、フィーチャーフォンの出荷台数比率は27.6%(同2.1ポイント増)となりました。スマートフォンが年間100万台規模で出荷され始めた2008年以降、フィーチャーフォンの出荷台数が前年を上回るのは初めてだとか。

そうですか。私は、昨年の11月末に、手持ちの従来型携帯電話のバッテリーが寿命に近づいたため、機種変更をしました。

私は零細自営で、携帯電話なぞ持ちたくないのですが、仕事のため、しょうがなく所持しています。

携帯ショップの販売員は、しきりにスマートフォンを薦めましたが、私は意に介さず、従来型携帯電話に機種変更しました。

スマートフォンとはいえ、Windows黎明期のパソコンよりも、性能は上のはずです。そんな代物を、一般的な日本人の知的レベルが使いこなせるはずがありませんよ。今回の、従来型携帯電話回帰のような現象も当然のことだと思います。

一般的な日本人が、スマートフォンを持っていったい何をするのでしょうか。ネット検索をして、ゴシップ記事程度を読んだり、LINEなどを利用するのがせいぜいでしょう。

私が携帯電話に求めるのは、通話とメールだけです。ネットは、家でPCとつながれば充分です。四六時中ネットとつながっていたくありません。

日本の従来型携帯電話は「ガラケー」と揶揄されますが、それは日本が携帯電話を立派に進化させた証左でしょう。

21世紀の流行品は、私から見ればどれも、単なる「気まぐれな進歩」としか見られません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LINEを利用できないと迷惑をかけるのですか

LINEは1月6日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」でタクシーを呼べるサービス「LINE TAXI(ライン タクシー)」を公開しました。

まずは、東京限定(23区内・三鷹市・武蔵野市)で提供し、近日中に全国へとエリアを拡大する予定だとか。LINEアプリの4.8.0以上のバージョンで利用できるという。

私は零細自営なので、しかたなく携帯電話を所持しています。ただしガラケー(機種変更したばかり)ですけどね。

私は、元プログラマーで、IT関連については多少なりとも、その仕組みを知っていますが、だからこそ、スマートフォンとかタブレット端末を持ちたくはないのです。

インターネットは毎日利用しています。全てはノートPC(WindowsXP)からです。ネット通販(仕事柄主に書籍)や全国紙をテキストダウンロードで読んでいます。

インターネットは便利だとは思いますけど、四六時中つながっているのは勘弁してほしいです。

私はアルバイトにも行っています。勤務先では、全員がスマートフォンを所持していて、管理者あからの連絡はLINEを用いているそうです。

そうです。私だけが、直接通話なり、メールで連絡をもらいます。管理者にとって、やっかいな存在なのでしょうか。LINEに加入して利用しないと社会的に差別されるのでしょうか。

私はいっとき、SNSを利用したことがあります。相手がなりすまし(サクラ)だということが判明してからは「今後絶対にSNSは利用しない」と決めました。今は他人と同じ空気を吸うのもイヤです。広い交友関係は要りません。

勤務先では、仕事がひと段落した者は、スマートフォンをいじっていますけど、何がうれしいのかわかりません。

余暇があれば、私なら、好きな音楽を聴いて読書でもしたいです。けど貧乏(貧困)ヒマなしで、昨年は読書量が激減しました。私にとって結構なストレスでしたね。

ココのブログも、テキストのみです。私に芸術的な才能が無いこともありますが、テキストのみのブログならば、容量を気にすることなく、ほぼ無限に書き続けることができるだろうとの判断でした。

私の仕事とPCライフは、ほとんどテキストベースです。画像や映像を操ることはありません。デジカメも、10年近く前のモノですが、長く使えるだろうと乾電池式を買っておきました。現在販売されているSDカードには対応できませんが、写真を取ることなんて、めったにありません。512MBのSDカードのままで充分です。

画像や映像を操れないと困るのかな。LINEに加入しないと迷惑をかけるのかな。私にはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでもスマートフォンは要らない

米アップルは9日、カリフォルニア州で記者会見を開き、4年ぶりの本格的な新製品となる腕時計型端末「アップル・ウオッチ」を発表しました。

スマートフォンの新製品「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」も同時に発表し、日米などで19日から販売します。

アップル・ウオッチは丸みを帯びた画面を採用。側面の竜頭のようなダイヤルを回せば、画像を拡大・縮小したり、動かしたりできます。画面裏側のセンサーで心拍数を測定するなどして、運動時間や消費カロリー量の測定にも使えるとか。

アイフォーン5以降の機種と連携し、メールの送受信や電話の着信も可能。価格は349ドル(約3万7千円)から。来年初めから販売を始めるという。

一方で、世界のスマートフォン市場では今、低価格を武器に中国メーカーがじわじわとシェアを拡大しているとか。

首位を走ってきた韓国のサムスン電子や日本勢のソニーも販売が減速しており、成長市場のスマホでも地殻変動が起こっているという。

私は、零細自営をしているので、しかたなく携帯電話を所持しています。もちろんスマートフォンではなく、立派なガラケーです。

アップル・ウオッチはおもしろそうだけど、興味があるのは、心拍数など身体測定や、位置測定です。そういった機能であれば、既存の時計に既に搭載されている商品があるはずですよね。やはりスマートフォンは要りません。

いっとき、スマートフォンに駆逐され、ガラケーが滅びるのではないかと憶測が出ましたが、私のように「通話とメールができればよい」としている人は結構いるようで、ガラケーは滅びないようですね。よかったです。

我が家は貧困家庭ながら、食べていく分だけは稼がなくてはなりません。零細自営なので、何もかも自分でしなければならなくて、最近は忙しくて(収入は変わりません)テレビもニュースと天気予報を見るのがやっとです。なので、ガラケーの全盛期のように、ワンセグを搭載したガラケーが欲しくなってきました。

まぁね、スマートフォンがなくとも、車にナビゲーションシステムがなくとも、私の行動範囲は近隣市町だけですから、iPhoneの新製品も、スマートフォンも関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧