芸能・アイドル

秋元康よ、ちとヤリすぎだぜ

AKB48グループ東京ドームコンサート ~するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?~(DVD8枚組)が発売されます。もちろんBlue-rayも発売されます。どちらも2万円ほどのモノです。

秋元康さんよ、AKB48の主なファンは未成年でしょう。そいつらに2万円の出費をさせるとは、ちとヤリすぎじゃぁありませんか。

私は、中学生の頃は、TVに出る歌手のレコードを買っていました。高校生は黄金の昭和50年代後半でした。良質のJ-POPが現れてきた頃です。高校を卒業すると、J-POP(当時はニューミュージックとか言われてた)は輝きを持ち始めました。

こちらも黄金の1980年代です。CDの黎明期でもありましたが、レンタルレコードの全盛期でもありました。私は、幸せなことに良質のJ-POPを、ふんだんに聴くことができました。

秋元さんも、80年代は作詞家として輝きを放っていたでしょう。私が印象に残っているのは、稲垣潤一の「ドラマチック・レイン」です。

80年代も末期になり、J-POPに飽きた私は、JAZZに走りました。JAZZをひととおり聴いた後は、今度はクラシックにハマりました。ちょうど90年代半ばに超円高になって、輸入盤が格安で買えました。今も、主に聴くのはクラシックです。

でも、車に乗っているときは、J-POPを聴きたくなります。今や、J-POPは悲惨な状況で、聴くに耐えないモノがほとんどです。これも、優秀な作曲家を秋元さんが囲って、AKB48に楽曲を提供しているからでしょう。

2年連続で、日本レコード大賞を受賞したくらいですから、楽曲は良いと思います。私は、レンタル落ちの中古のAKB48のCDを買ってみましたが、これがレコード大賞かと思うと、複雑な気持ちになります。

AKB48ビジネスは、企画すれば必ず当たるモノだと思います。なんとかの投票権を付けたシングルCDは、熱狂的なファンが何枚も同時に購入していると聞きます。そして今回の2万円ほどの映像メディアの発売です。売れるとわかっているから商売をしたい気持ちが出るのでしょうが、ほどほどにしたほうがいいと思いますよ。

秋元さん、繰り返しますが、輝きを放った作詞家時代があったのです。晩年を汚すのはヤメにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年のジャズディスク大賞は松井咲子の「呼吸するピアノ」で決まりだろうが

雑誌「スイングジャーナル」が2010年に休刊(廃刊だよね)して、ジャズ作品に対する年間の評価である「ジャズディスク大賞」は、他の雑誌(「Jazz Life」とか「JAZZ JAPAN」など)で年間評価が行われている。

「スイングジャーナル」の「ジャズディスク大賞」が聴き手から見て真の優秀作とは限らなかったけれども、それなりに権威のあるものであった。

2012年は、先の2誌しか見ていないけど(「ジャズ批評」は別の視点かもしれない)、どちらも最優秀作は、上原ひろみの「MOVE」だよ。確かに楽曲も技巧も優れているかもしれない。けど、何度も聴きたいと思う作品ではなかった。

私の2012年の「ジャズディスク大賞」の「金賞」は、迷わず、松井咲子(AKB48)の「呼吸するピアノ」だよ。

私は、AKB48は嫌いではないけど、名前と顔が一致することは全くありません。その程度です。あと、谷山浩子の「Mezzo Piano」も好んで聴いています。

両女史共に、ピアニストとしてはプロではないけど、ジャズには、ワンアンドオンリーな味があればよい。松井氏は、音大のピアノ科だそうですが、なかなかの腕前ですよ(上原氏には到底かなわないけどね)。

「呼吸するピアノ」は、スタッフに恵まれたのが最大の要因だとは思いますが、AKB48の楽曲だと言われても、わかりません。れっきとした、ジャズ作品として楽しめますよ。

AKB48の楽曲でも、これだけ楽しめるのだから、昭和のアイドル歌謡全盛時代の曲を掘り出して、誰かやってもらえないかなぁ。スタンダードとなりうる楽曲は、いくらでもあると思うよ。

個人的には、来生たかお氏の楽曲に期待します。「セカンド・ラブ」とか「楽園のDoor」とかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤和彦氏を偲んで「あの頃マリーローランサン」

加藤和彦氏が亡くなられました。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

私にとって、氏は、私の音楽観を変えてくれた恩人です。

私の加藤和彦体験は、普通のと、ちょっと違います。

83年に発売された「あの頃マリーローランサン」でした。

何て洒落た作品なんでしょう。

私が感じたのは"gentleness"でしたね。

それから私は、同種の作品、70年代後期から80年代に初頭にかけてレコーディングされた「パパヘミングウェイ」「うたかたのオペラ」「ベル・エキセントリック」を聴き、とりこになりました。

それから私は、ジャズ、クラッシックへと音楽の趣味が傾倒していきました。

私にとって、氏の、いちばんの作品は、やはり「あの頃マリーローランサン」です。

本当に「あの頃」加藤氏は奥様であり作詞家であられた安井かずみさんと、音楽的にも最も充実していたんではないでしょうか。

奥様が先立たれ、それから氏は、他のアーチストと交流していましたよね。安井かずみさんがいないと、思うような音楽ができなくなってきたのではなかったのでしょうか。

日本にとっても、私の若き日にとっても、いい時代だったなぁ、1980年前半までは。

「あの素晴らしい愛をもう一度」だけじゃぁない。

聴け!「あの頃マリーローランサン」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クサナギ君よかったね、やはり君は爽やかだよ

毎月、いいドキュメンタリーはないかとチェックするために「TVJapan」という月刊テレビ番組雑誌を買っています。

15日が発売日だったので、買いました。表紙はクサナギツヨシさんでした。

あぁ、芸能界に復帰できたんだ、よかった、と、思いました。

だって彼がしたことなんて、ちっぽけな話で、真摯に謝罪するくらいで充分だと思っていたからです。

迷惑な酔っ払いなんて巷にゴロゴロしていますよ。そいつらこそ罰せられるべきであって、クサナギさんとは違いますよね。

これからは、酒を飲むと豹変するオチャメな面を持つ彼として、より爽やかで親しみやく感じています。

ガンバレ!ツヨシ!(けど「地デジ」普及の役は降りてネ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)